カリキュラム

授業科目 内容 週当たり授業時間数
文字
語彙
基本的な文字・語彙から公的試験及び大学受験に必要な語彙の習得を目標とする 3.6時間(80週)
文法 日常会話及び公的試験に対応できる文法応用力の習得を目標とする 2時間(80週)
聴解 日常会話及び公的試験や受験における面接に対応できる聴解力の習得を目標とする。 0.8時間(80週)
読解 公的試験や受験に対応でき、様々な書籍や文献を用い幅広い読解力の習得を目標とする 2.5時間(80週)
会話 日常会話及び公的試験や受験における面接に対応できる会話力の習得を目標とする 5.25時間(80週)
作文 スピーチ原稿や公的試験・受験のための小論文を支障なく作成することができる能力の育成を行う 2時間(80週)
課外活動 交流会及び見学など日本の文化を実際に体験し、体感できる機会を授業の一環として行う 年間10時間程度
授業科目 内容 週当たり授業時間数
文字
語彙
基本的な文字・語彙から公的試験及び大学受験に必要な語彙の習得を目標とする 4時間(60週)
文法 日常会話及び公的試験に対応できる文法応用力の習得を目標とする 2.6時間(60週)
聴解 日常会話及び公的試験や受験における面接に対応できる聴解力の習得を目標とする。 1.1時間(60週)
読解 公的試験や受験に対応でき、様々な書籍や文献を用い幅広い読解力の習得を目標とする 2.3時間(60週)
会話 日常会話及び公的試験や受験における面接に対応できる会話力の習得を目標とする 6時間(60週)
作文 スピーチ原稿や公的試験・受験のための小論文を支障なく作成することができる能力の育成を行う 1.6時間(60週)
課外活動 交流会及び見学など日本の文化を実際に体験し、体感できる機会を授業の一環として行う 年間10時間程度
授業科目 内容 週当たり授業時間数
文字
語彙
基本的な文字・語彙から公的試験及び大学受験に必要な語彙の習得を目標とする 3.75時間(40週)
文法 日常会話及び公的試験に対応できる文法応用力の習得を目標とする 3.25時間(40週)
聴解 日常会話及び公的試験や受験における面接に対応できる聴解力の習得を目標とする。 0.75時間(40週)
読解 公的試験や受験に対応でき、様々な書籍や文献を用い幅広い読解力の習得を目標とする 2.5時間(40週)
会話 日常会話及び公的試験や受験における面接に対応できる会話力の習得を目標とする 6.25時間(40週)
作文 スピーチ原稿や公的試験・受験のための小論文を支障なく作成することができる能力の育成を行う 2時間(40週)
課外活動 交流会及び見学など日本の文化を実際に体験し、体感できる機会を授業の一環として行う 年間10時間程度
  • ※休講日:土曜日、日曜日、国民の休日
  • ※夏季休業(7/21~8/31)、冬季休業(12/21~1/9)、春季休業(3/25~3/31)

時間割

午前
1限
(9:00~9:45)
語彙 文法・文型 復習 文法・文型 会話
2限
(9:50~10:35)
文法・文型 会話 語彙 文法・文型 復習
3限
(10:45~11:30)
文字 文字 文字 文字 日本事情
4限
(11:35~12:20)
読解 聴解 会話・発音 作文 日本事情

※4月入学

午後
1限
(13:20~14:05)
語彙 文法・文型 復習 文法・文型 会話
2限
(14:15~15:00)
文法・文型 会話 語彙 文法・文型 復習
3限
(15:10~15:55)
文字 文字 文字 文字 日本事情
4限
(16:05~16:50)
読解 聴解 会話・発音 作文 日本事情

※4月入学

午前
1限
(9:00~9:45)
語彙 文章理解 語彙・表現 文章理解 会話
2限
(9:50~10:35)
文法・文型 文章理解 文法・文型 文章理解 会話
3限
(10:45~11:30)
読解 文字 聴解 文字 日本事情
4限
(11:35~12:20)
文章表現 日能試対策 口頭表現 日能試対策 日本事情

※10月入学

午前
1限
(9:00~9:45)
語彙 文法・文型 復習 文法・文型 会話
2限
(9:50~10:35)
文法・文型 会話 語彙 文法・文型 復習
3限
(10:45~11:30)
読解 文字 聴解 文字 日本事情
4限
(11:35~12:20)
作文 日能試対策 会話・発音 日能試対策 日本事情

※4月入学

午後
1限
(13:20~14:05)
語彙 文法・文型 復習 文法・文型 会話
2限
(14:15~15:00)
文法・文型 会話 語彙 文法・文型 復習
3限
(15:10~15:55)
読解 文字 聴解 文字 日本事情
4限
(16:05~16:50)
作文 日能試対策 会話・発音 日能試対策 日本事情

※4月入学


学習目標

  • 四技能をバランスよく育成し、高いレベルの日本語コミュニケーション能力を習得する。
  • 日本人との交流を通し、日本文化や日本社会への理解を深める。
  • 大学等への進学や日本企業への就職を念頭に置き、日本語能力試験、日本留学試験等の受験対策を実施して然るべき成果を挙げる。